« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年8月

2017年8月 9日 (水)

タイの家具付きアパート

Dscf3683

2ヶ月間の東南アジア滞在を終えて、とりあえず帰国です。
タイの家具付きアパートの家賃を整理しておくと・・・

部屋代 5000B(デポジット6500B)
WIFI使用料 300B
ゴミ収集料 100B
水道代 18B×2ユニット=36B
電気代 9B×219ユニット=1971B

合計7407B(¥24700)/月

でした。
ホテルの同レベルの部屋だと1泊500Bくらいなので、2週間以上滞在するなら、アパートを借りた方が安上がりという計算です。
電気代は、ほとんどエアコン代で、自分のように、酔っ払って帰って来てエアコンをつけたまま寝てしまったりすると、けっこう高くなりますが、ふつうに節約していれば、もうちょっと安いです。だいたいエアコン1時間で1メーター=9バーツ(¥30)で、各フロアにあるメーターでどれくらい使っているか確認できます。

Dscf3917

デポジットは、部屋を出る時に、そこから電気代とかが引かれて戻ってきますが、『最低何ヶ月以上住まないとデポジットが戻ってこない』という期間がアパートによって違うので、そこは確認しておく必要があります。3ヶ月以上というところが多くて、1ヶ月でも返してくれるところは、バンコクではけっこう探さないとないです。

<旅のタイ語>
ต้องอยู่นานเท่าไรถึงจะคืนเงินมัดจำ
(トン・ユー・ナーン・タオライ・トゥン・チャ・クーン・グン・マッチャム)
=手付金を返してもらうにはどれくらい長く滞在しないといけませんか?

アパート探しはこのへんのサイト↓でもできますが、

http://jp.soidb.com/bangkok/apartment/list.html

居心地に関しては、住んでる人に聞いた方が確実だとは思います。
月4000B以下の部屋は、だいたい家具なしなので、外国人には使いづらいです。
(布団とか持ち歩きたくないでしょう)笑
ポイントとしては、『地下鉄やBTS(高架鉄道)沿線が便利』ということと、『大通りから少し離れている方が静かで熟睡できる』といったことでしょうか。
個人的には、ラチャダー周辺が、静かな割にコンビニやショッピングモールも多くて、居心地はいいです。『エスプラナード』というショッピングモールへ行けば、ココイチや丸亀製麺、大戸屋、銀だこなどが入っていて、日本食にも困らないです。
ただ、周辺の店は外国人は想定してないので、メニューはタイ語のみです。英語はあまり通じないと思います。(しゃべったことはないけど、なんとなく雰囲気的に・・)笑

Dscf3792 Dscf3685

Dscf3784 Dscf3751

|

2017年8月 4日 (金)

バンコク生活

Dscf3803

バンコクでアパート暮らし中です。
アパートを月借りしている時点で、もう『旅行』とは言えないのかもしれませんが、かといって、それ以外に何かそういうジャンルがあるわけでもなく、いつも説明に苦労するところです。
ただ住んでるだけというか、ここを拠点にあちこち見てまわってるだけで、自分としてはとても楽しいのですが、まあ人にすすめるようなことでもないです。笑

ホテルに泊まるのと違う点としては、たとえば1泊2日くらいで旅行に出かけて、深夜に戻って来た場合でも、宿探しをする必要もなく、単に『鍵を開けて自分の部屋に入るだけ』というこの感じが、妙にうれしかったりします。ホテルとはまた違った「拠点感」というか、落ち着く感じがあります。
(わかりにくいとは思いますが、まあやってみればわかります)

Dscf3804

今住んでいるラチャダーピセーク通り一帯は、タイ人の感覚では『中流住宅街』に分類されるエリアで、外国人とは無縁の、下町の落ち着いた雰囲気です。都心部と比べて、どこか「空気が柔らかい」感じがするのは、洗濯物の匂いが漂っているせいでしょうか。
地下鉄沿線なので、簡単に街に出ることができますが、この『地下鉄沿線』ということが、バンコクでは重要な意味があって、どんな大富豪が高級車に乗ったところで渋滞は避けようがないけれど、地下鉄利用者は例外で、毎日渋滞に関係なくスルスルと移動できるというのは、気分的にかなり違います。1日2~3時間、渋滞でロスすることなく過ごせるというのは、もう生活の質が根本から変わってくる感じです。

Dscf3841

渋滞というのもあるのですが、バンコクの一番の特長は何かと言えば、
『24時間町が活動している』
ということでしょうか。
たとえば深夜3時頃に外に出ても、ふつうに人が行き来していて、車も走っているし、コンビニに入ればレジに2~3人は並んでいて、

「この人たちこんな時間に何してるんだろう?」

とか思ってしまいますが、別にその人たちは夜更かしをしているわけではなくて、そういうサイクルで生活しているだけで、つまり、昼活動する人と、昼寝て夜活動する人とに分かれていて、夜活動している人も結構な数いるために、町全体としては24時間活動を続けている感じになっています。

Dscf3795 Dscf3796

これで深夜3時半頃ですが、携帯ショップとか、屋台とか、ふつうに営業していて、レストランに入れば、けっこう客も入っています。
夜活動している人にとっては、明るくなる前のこの時間帯が、夕食みたいな感覚なんでしょうか。

Dscf3800

そういう意味で、真に『眠らない町』と言えるのは、世界広しと言えども、バンコクだけかもしれません。
ユニークな町です。

|

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »